一律給付へ歳出8兆8千億円増額 20年度補正予算、今夕閣議決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 首相官邸で開かれた政府与党政策懇談会。新型コロナウイルス感染防止のため、座席の間隔が空けられていた=20日午前

 政府は20日、新型コロナウイルスの緊急経済対策で、全国民に一律10万円を給付するため、2020年度補正予算案を組み替え、歳出総額を25兆6914億円とする方針を固めた。7日に決定した予算案から約8兆8800億円増額する。20日夕に閣議決定する。給付金の支給対象を一部の減収世帯ではなく、全国民にすると方針転換したため、関連予算を改めて手当てした。予算案の閣議決定をやり直すのは極めて異例だ。

 安倍晋三首相は20日午前、官邸で政府与党政策懇談会を開き、一律10万円の給付について「一日も早く国民の手元に届けられるよう、政府を挙げて全力で取り組む」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事