補正予算案、25兆6914億円 閣議決定、10万円給付へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 霞が関の官庁街(手前)。左奥は国会議事堂

 政府は20日の閣議で、新型コロナの緊急経済対策として、全国民への10万円給付などを実施するため、総額25兆6914億円の20年度補正予算案を決定した。7日に一度決定した予算案を組み替える異例の手続きを経て、8兆8857億円増額する。歳出増は全額を赤字国債の増発で賄う。27日に国会に提出し、5月1日までの成立を目指す。現金給付は5月中にも開始したい考えだ。

 民間投資も含めた緊急経済対策の事業規模は、117兆1千億円とする。国が低利で融資する財政投融資や地方支出分を合わせた財政支出は39兆5千億円と見積もっていたが、48兆4千億円に膨らむ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事