米、ファーウェイ制裁強化 外国製半導体も輸出禁止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北京の展示会に出展されたファーウェイのディスプレー=2019年10月(AP=共同)

 【ワシントン、北京共同】米商務省は15日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への輸出禁止措置を強化すると発表した。米国製の製造装置を使っている場合は、外国で製造した半導体でも許可がなければファーウェイへの輸出ができなくなる。ファーウェイに大きな打撃となり、日本を含めた半導体メーカーにも影響が及びそうだ。

 トランプ米大統領は14日、米メディアに対し、新型コロナウイルスへの中国の対応に不満を示し、関係遮断をちらつかせるなど批判姿勢を強めている。今回の制裁強化は感染拡大を巡る報復措置の一環の可能性もあり、中国の反発は必至だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事