馬氏、ソフトバンクG取締役退任 アリババ創業者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 中国アリババグループ創業者の馬雲氏(ロイター=共同)

 ソフトバンクグループ(SBG)は18日、中国の電子商取引(EC)最大手アリババグループの創業者、馬雲氏が取締役を退任すると発表した。本人の意向という。SBGの孫正義会長兼社長とも親交が深く、2007年6月から取締役を務めていた。退任は定時株主総会を開く6月25日付。

 馬氏は、インターネット通販を普及させて中国の消費スタイルを激変させた人物。19年9月にアリババの会長を退任していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事