ジップエアが貨物専用便で就航へ バンコク線、コロナで変更
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日航グループの格安航空会社(LCC)「ジップエア トーキョー」(千葉県成田市)は21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で初就航を延期していた成田―バンコク線を6月3日から貨物専用便として運航すると発表した。

 新規参入した同社は、初の路線として5月14日からバンコク線で旅客便を運航する計画だった。旅客便の就航時期は未定としている。

 同社によると、旅客を乗せる予定だったボーイング787の貨物室を利用し、週4往復する。世界的な運休・減便で航空貨物スペースの供給量が不足し、相対的に需要が高まっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事