非正規コロナ休業、無補償56% 生計に打撃、民間調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アルバイトにも休業手当を支払うよう訴える飲食店ユニオンのメンバーら=5月、東京都

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、休業となったりシフトを減らされたりした非正規労働者のうち56%が、何も補償を受けていないとの調査結果を民間企業がまとめた。派遣やパート、アルバイトで働く多くの人たちの生計に打撃を与えている状況が浮かんだ。

 調査は、人材紹介などを展開するマイナビグループの「エーピーシーズ」(東京)が6月1~7日に実施。主に20~50代の男女計約2200人の回答を集計した。

 4~5月に全国で発令された緊急事態宣言中に休業となっていたのは275人、シフトが通常より減ったのは693人の計968人だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事