イケアに課税逃れの疑い 欧州委が調査開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会は18日、オランダ政府がスウェーデンの家具大手、イケアグループに対する課税を違法に優遇した可能性があるとして調査を開始したと明らかにした。オランダの優遇策を違法な「国家補助」と認定すれば、追徴課税を命じる方針だ。

 欧州メディアによると、欧州議会の緑の党は2016年、イケアが09~14年に約10億ユーロ(約1330億円)の納税を免れていたと指摘していた。

 イケアは日本にも進出している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事