「リーマンショックより厳しい」 コロナ影響で菅官房長官
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見する菅官房長官=31日午後、首相官邸

 菅義偉官房長官は31日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染症拡大による国内経済への影響について「リーマン・ショックよりも厳しい状況というのは、私どもも認識は同じだ」と述べた。30日発表された米国やドイツの4~6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は大幅に減少しており、日本経済も同様に深刻な落ち込みが避けられないとの見方を示した。

 政府は今年の通常国会で、新型コロナの影響を緩和するための巨額経済対策の費用を盛り込んだ第1次、第2次補正予算を成立させた。菅氏は「補正予算にはかつてない大幅な予備費を計上しており、こうした緊急事態に対応したい」とも述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事