任天堂、巣ごもりで利益6・4倍 4~6月期、売上高は約2・1倍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 任天堂のゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」(同社提供)

 任天堂が6日発表した2020年4~6月期連結決算は、純利益が前年同期の約6・4倍に当たる1064億円だった。売上高は約2・1倍の3581億円で、新型コロナウイルスの感染拡大による「巣ごもり需要」を取り込んだ。

 本業のもうけを示す営業利益は約5・3倍の1447億円だった。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の本体やスイッチ向けソフト「あつまれ どうぶつの森」がよく売れた。

 売上高を前期比8・3%減の1兆2千億円、純利益を22・7%減の2千億円とする21年3月期の連結業績予想は据え置いた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事