セブン、バウムクーヘン2種回収 一部にカビ発生、計174万個
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 セブン&アイ・ホールディングスが自主回収する「セブンカフェ ふわふわバウムクーヘン」(上)と「セブンプレミアム ゴールド 金のしっとりバウムクーヘン」

 セブン&アイ・ホールディングスは1日、「セブンカフェ ふわふわバウムクーヘン」と「セブンプレミアム ゴールド 金のしっとりバウムクーヘン」の一部にカビが発生したとして、計約174万個を自主回収すると発表した。セブン―イレブン、そごう・西武などグループ計7社で扱っていた。健康被害は確認されていないという。

 ふわふわバウムクーヘンの回収対象は賞味期限2020年9月1日~10月27日の約55万個、金のしっとりバウムクーヘンは賞味期限20年9月1日~10月17日の約119万個。洋菓子製造ユーハイムの愛知県や滋賀県の工場で製造。8月中旬に顧客の指摘があり判明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事