JR西日本、過去最大の赤字へ コロナ直撃で2400億円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見するJR西日本の倉坂昇治取締役専務執行役員=16日午後、大阪市

 JR西日本は16日、新型コロナの影響で未定としていた2021年3月期連結決算の業績予想を公表した。純損益は2400億円の赤字(前期は893億円の黒字)で、1987年に国鉄から民営化して以降最大となる。新型コロナ感染拡大による外出自粛が直撃、旅行や出張目的の鉄道利用は低迷が続くと予想した。

 鉄道利用者の減少は長期化が避けられず、ダイヤや運賃見直しなど抜本的な経営改善策が急務となる。大阪市の本社で記者会見した倉坂昇治取締役専務執行役員は「将来必ずしもコロナ禍以前の状況に戻らない可能性があるが、施策を積み重ねて鉄道を利用してもらうようにしたい」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事