ボーイングが欠陥隠蔽 米下院委が事故報告書
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米シアトルで試験飛行するボーイングの主力機「737MAX」=6月29日(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングの主力機「737MAX」が起こした2度の墜落事故を巡り、米議会下院の運輸経済基盤委員会は16日、原因などに関する調査の最終報告書を公表した。ボーイングが設計上の欠陥を隠蔽したと批判し、米連邦航空局(FAA)による審査の不備も指摘した。

 ボーイングは737MAXの運航再開に必要な承認の取得に向けた手続きを進めている。16日の声明で「2度の事故と過ちから多くの教訓を学んだ」と述べた。利益を優先してきた企業体質を抜本的に改め、安全確保を徹底できるかどうかが焦点だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事