ティファニー提訴にヴィトン反論 コロナで買収不履行と主張
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 シャンゼリゼ通りの店舗に設置された「ルイ・ヴィトン」のロゴ=18日、パリ(ロイター=共同)

 【パリ共同】フランスの高級ブランドグループ「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」(LVMH)は29日、米宝飾品大手ティファニーを買収する合意の不履行を巡るティファニーの提訴に対し、反論する文書を米裁判所に提出したと発表した。新型コロナウイルスの流行で履行断念が認められるなどと主張している。

 LVMHは新型コロナの流行は合意の条項で不履行が認められる特別な事態に当たると訴え、コロナが流行する中で配当を支払ったティファニーの経営を批判した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事