米地裁、フォートナイト削除維持 アプリ市場に復帰認めず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】米アップルと人気ゲーム「フォートナイト」を運営するエピック・ゲームズが課金を巡り争っている訴訟で、米連邦地裁は10日までに、アップルがアプリ販売市場「アップストア」からゲームアプリを削除した措置を維持する判断を示した。来年5月の本格裁判を前に、フォートナイトがアプリ市場に復帰する可能性は低くなった。

 エピックは8月13日、ゲームアプリ内でアップルに支払う30%の手数料を回避する課金システムを導入。アップルは規約違反を理由にゲームアプリを削除した。エピックは、アップルの独占禁止法違反を主張し、削除の差し止めを求めていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事