日本生命、全投資ESG評価へ 民間機関投資家で初
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生保最大手の日本生命保険は来年4月から全ての投融資に、環境や社会問題への取り組みを重視する「ESG投資」の視点を採用する方針であることが20日、分かった。日生は約70兆円の保有資産があり、機関投資家の顔を持つ。株や国債、不動産と保有する全ての資産にESGの評価を導入するのは、国内の民間機関投資家で初という。

 保険会社は、契約者から集めた保険料を市場で運用し、保険金の支払いに充てている。日生によると、ESG評価の高い企業は株価も高い傾向にあり、ESG投資を契約者への配当増や保険料の値下げにつなげたい考えだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事