三菱ケミカル社長にギルソン氏 来年4月、ベルギー出身
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 オンラインで記者会見に出席した、三菱ケミカルホールディングスの社長に就任するジョンマーク・ギルソン氏。左は越智仁社長=23日午後、東京都千代田区

 三菱ケミカルホールディングス(HD)は23日、越智仁社長(68)が退任し、後任に食品原料などを手掛けるフランス・ロケット社で最高経営責任者(CEO)を務めるジョンマーク・ギルソン氏(56)が就任すると発表した。2021年4月1日付。小林喜光会長(73)は留任する。

 ギルソン氏はベルギー出身で、欧米の化学企業で経営者や事業責任者を務めてきた。三菱ケミカルHDが外国人社長を起用するのは初めて。

 ジョンマーク ギルソン氏 89年ダウコーニング社。上級副社長などを経て14年からロケット社CEO。56歳。ベルギー出身。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事