パソナ、就職難の学生支援 兵庫県で最大千人採用へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パソナグループが新型コロナウイルスの影響で、就職先が決まっていない来年3月卒業予定の高校生や大学生を対象に、兵庫県の淡路島で契約社員として最大千人を採用する支援事業を始めることが15日、分かった。パソナで営業や人事などの部署で2年間勤務した後は、他企業や自治体への就職を促す。若者の雇用の緊急的な受け皿になりたい考えだ。

 全国の教育機関や自治体に説明を始めており、今月中にも募集を開始する。

 原則として淡路島の社員寮に住んでもらう。パソナグループの営業や人事部門のほか、運営するテーマパークなどの施設で勤務する。働きながら語学などを学べる機会も設ける。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事