東証続伸、高値を連日更新 終値2万8698円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京証券取引所=東京・日本橋兜町

 14日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は5営業日続伸した。機械受注統計の結果を好感した買い注文が先行した。米国の次期政権による追加経済対策への期待も相場を押し上げ、5営業日の上げ幅は1600円を超えた。終値は前日比241円67銭高の2万8698円26銭で、バブル経済期の1990年8月以来、約30年5カ月ぶりの高値を連日で更新した。

 東証株価指数(TOPIX)は8・88ポイント高の1873・28。出来高は約14億1300万株。

 国内の民間設備投資の先行指標となる昨年11月の機械受注統計の受注額が、前月比でプラスとなり、投資家心理を明るくした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事