米大統領、生活支援拡充を発表 コロナで追加経済対策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】バイデン米大統領は22日、新型コロナウイルスによる経済的な打撃を和らげるための生活支援策を発表した。低所得者の食料援助拡充や最低賃金の引き上げに向けた施策が柱。「国家的緊急事態にある」と述べ、米議会に1兆9千億ドル(約200兆円)の追加経済対策の速やかな実現を求めた。

 関連する二つの大統領令に署名した。労働者保護のため、感染を恐れて就労を拒否した際も失業給付を受け取れることも明確化。州によって運用に差があるため、就労を拒んでも失業給付の対象となるよう連邦政府が主導する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事