ルネサス、半導体を代替生産へ 旭化成火災で供給停滞
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 旭化成の工場火災で半導体の供給が滞っている問題を受け、ルネサスエレクトロニクスが、自動車向けの半導体の代替生産に乗り出す方針であることが27日、分かった。自動車メーカーに試作品を送るなど調整を進めており、今春の供給開始を目指す。

 生産するのは自動車の衝突回避システムなどに使われる電子部品。自動車の走行を制御する半導体などを製造する那珂工場(茨城県ひたちなか市)の未稼働のラインを使って生産するもようだ。

 火災は昨年10月、宮崎県延岡市の旭化成工場で発生し、自動車や音響メーカー向けの半導体の製造が停止。工場復旧のめどが立たず、取引先への影響が懸念されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事