米ゲーム株急騰に警戒感 個人殺到でファンド降参
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米ニューヨーク・マンハッタンにあるゲームストップ店舗=27日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】業績が低迷する米ゲーム販売店大手ゲームストップの株価が急騰し、財政出動や金融緩和を背景にしたバブル的な値動きとみる市場に警戒感が広がっている。短期的な値上がり益を狙う個人投資家の買いが殺到。空売りを仕掛けたヘッジファンドが降参し、損失を伴う買い戻しに追い込まれる異例の展開となった。

 27日のゲームストップ株は前日比199・53ドル高(約2・3倍)の347・51ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの流行で販売が苦戦する中、年初からの上昇率は約20倍に達した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事