25日の人出、6割超で減少 前週比、4都府県は全地点で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 緊急事態宣言が発令された東京・浅草の仲見世通り商店街。多くの人が行き交っていた=25日午後

 NTTドコモがまとめた25日午後3時時点の人出は、全国の主要駅や繁華街計95地点のうち、6割超の63地点で前週18日と比べて減少した。政府が新型コロナウイルスの緊急事態宣言を発令した東京、京都、大阪、兵庫の4都府県は計20地点全てで前週を下回った。

 4都府県では、東京・銀座の人出が感染拡大前(昨年1月18日~2月14日)の休日平均から30・8%減となり、1・1%減だった前週18日から29・7ポイントの大幅低下となった。渋谷センター街も22・3ポイント下がった。大阪・梅田は35・1ポイント下がり、減り方が最も大きかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事