中国、5月の卸売物価は9%上昇 12年8カ月ぶり高水準
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【北京共同】中国国家統計局は9日、5月の工業品卸売物価指数(PPI)が前年同月比で9・0%上昇したと発表した。5カ月連続のプラス。上昇率は前月から2・2ポイント拡大し、2008年9月以来、12年8カ月ぶりの高水準となった。

 国際的な原材料価格の高騰に歯止めがかからなかった。石油などエネルギー関連や金属加工が大きく伸びている。

 同時に発表した5月の消費者物価指数(CPI)は1・3%上昇し、3カ月連続のプラスとなった。原材料の高騰につれ、一般商品もじわりと値上がりしているもようだ。直近の4月と比較すると、冷蔵庫やテレビ、パソコンなどが影響を受けているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事