お台場「大江戸温泉物語」閉館へ 9月、江戸風情テーマの名物施設
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 閉館する「東京お台場 大江戸温泉物語」の外観(大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ提供)

 日本各地で温泉旅館などを運営する大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ(東京)は23日、江戸の風情をテーマにした東京都江東区の入浴施設「東京お台場 大江戸温泉物語」を9月5日の営業を最後に閉館すると発表した。

 東京都との借地契約が12月に期限を迎えるのが理由。「創業の地」での営業継続を目指し検討してきたが、延長や再契約ができなかったという。閉館後に建物を解体して更地にし、土地を都に返還する。

 敷地面積は約3万平方メートルで、2003年に開業。大浴場や宿泊施設、飲食店などがあり、お台場の名物施設の一つになっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事