MS、ウィンドウズ11発表 アンドロイド対応、在宅支援
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米マイクロソフトのロゴ=ニューヨーク(共同)
 米マイクロソフトのロゴ=ニューヨーク(共同) 米マイクロソフトが発表した「ウィンドウズ11」の画面(同社提供・共同)

 【ニューヨーク共同】米マイクロソフト(MS)は24日、新しい基本ソフト(OS)「ウィンドウズ11」を発表した。約6年ぶりの抜本的な刷新となる。スマートフォン用OSアンドロイド向けアプリが利用可能になるほか、ビデオ会議機能を強化して在宅勤務を支援する。年末までに提供を始め、現行「10」の利用者は無料で更新できる。

 アンドロイド用アプリは、アマゾン・コムのアプリ販売市場を通じてダウンロードできるようにする。対象は一部のアプリとなる見通しだ。パソコンとスマホの連携を深める。

 利用が増えているチャットやビデオ会議のアプリ「チームズ」をOSに統合し使いやすくする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事