脱原発の株主提案、全て否決 大手電力8社が株主総会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 関西電力の株主総会会場に入る人たち=25日午前、大阪市

 関西電力や中部電力など原発を保有する大手電力8社は25日、株主総会をそれぞれ開いた。原発に反対する株主からは、脱原発や現経営陣の解任などを求める株主提案が出されたが、全て否決された。経営陣は電力の安定供給には原発が不可欠だとして理解を求めた。

 株主提案では原発再稼働の禁止や廃炉、原発事業からの撤退などを求めるものが目立った。脱原発以外も含む事前提出の株主提案は8社で計60議案に上り、経営陣は全てに反対を表明した。

 関西電力は、運転開始から40年を超えた美浜原発3号機(福井県)を再稼働したが、安全性を不安視する株主は脱原発などを提案していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事