ケイリン先導車にパナ電動自転車 最高時速50キロ、環境に配慮
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京五輪のケイリンで先導車に採用されたパナソニックの電動アシスト自転車(手前)と、一般向けの「XU1」(奥の2台)

 東京五輪の自転車競技ケイリンで、ペースメーカーとなる先導車にパナソニックの電動アシスト自転車が採用された。高出力モーターや電力量を増強したバッテリーを新たに開発し、最高時速は50キロ。従来のバイクと比べて環境に優しく、後続の選手に排ガスの影響もない。8月4日の女子予選でお披露目を迎える。

 先導車はレース前半に選手の風よけとなりつつ、50キロまで速度を上げてペースをつくる。先導車が離脱した後、残り3周で勝敗を決する。選手が追走しやすいよう加速は滑らかで、すり鉢状に45度の傾斜がついた競技場でも安定性を保つため、重心の低い設計にした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事