阪急百貨店梅田本店、一部休業へ 食品など、クラスター発生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 阪急百貨店梅田本店=大阪市

 阪急百貨店や阪神百貨店を運営するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは16日、阪急百貨店梅田本店(大阪市北区)で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したため、地下1階の食品売り場と、1階のアクセサリー・シーズン雑貨売り場を17日から当面の間、臨時休業すると発表した。

 H2Oによると、7月27日から8月16日までに食品売り場などを中心に従業員89人の感染が確認された。感染者が多数出たことから、3千人の従業員を対象にPCR検査を実施するとともに、売り場の消毒や清掃を徹底するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事