トヨタ、9月に4割減産の見通し 国内14工場が稼働停止へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 トヨタ自動車本社

 トヨタ自動車は19日、9月の世界生産台数が計画より36万台減って54万台程度になるとの見通しを明らかにした。計画比で4割減産となる。世界的に半導体不足が深刻となる中、東南アジアでの新型コロナウイルスの感染拡大で部品調達が滞っていることが響く。

 トヨタは9月までに元町工場(愛知県豊田市)や高岡工場(同)など国内14工場、計27ラインの生産を最大で22日間、止める。減産の地域別の内訳は、国内14万台、北米8万台など。

 トヨタが掲げる930万台の2021年度の生産目標は変更しない。コロナ影響のリスクを既に織り込んでいたためという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事