スズキ、静岡の4工場停止 9月、インド生産は4割に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 スズキ本社にあるロゴマーク=浜松市

 スズキは2日、静岡県にある4工場の9月の操業を1~5日間停止すると発表した。東南アジアの新型コロナウイルス感染拡大で部品調達が滞っていることや、半導体不足が理由としている。インドの全3工場で9月の生産が、半導体不足により通常時の約4割になることも明らかにした。

 スズキは半導体不足による生産への影響は2022年3月期に国内で約25万台、海外で約10万台の計約35万台としている。静岡での操業停止とインドの減産は計画に既に反映しており、台数は変更しない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事