ケンゾーに日本のデザイナー NIGOさんを起用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ケンゾーの新アーティスティックディレクターに起用されたNIGOさん(LVMH提供・共同)

 【パリ共同】フランスの高級ブランドグループ「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン」(LVMH)は15日、傘下の服飾ブランド「ケンゾー」の新たなアーティスティックディレクターに日本のデザイナーNIGO=本名・長尾智明=さん(50)を起用したと発表した。

 NIGOさんはストリートウエアの人気ブランド「ア・ベイシング・エイプ」を創設したことなどで知られる。

 ケンゾーは世界的服飾デザイナー高田賢三さんが創設し、1993年にLVMHの傘下に入った。99年に高田さんがブランドを離れてからはさまざまなデザイナーがディレクターを務めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事