動物の毛皮使用を全廃へ 仏ケリング傘下のブランドで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【パリ共同】グッチやサンローランなどの有名ブランドを持つフランスの高級ブランドグループ、ケリングは24日、傘下の全ブランドで2022年秋のコレクションから製品に動物の毛皮を使用しないことを決めたと発表した。

 動物愛護の観点から毛皮の使用を問題視する意見が強まっている。ケリング内ではグッチが17年に使用廃止を発表し、バレンシアガなども続いた。フランスのメディアによると、サンローランとブリオーニだけが現在も使用を継続していた。

 ケリングのフランソワアンリ・ピノー会長は声明で「世界は顧客とともに変化しており、高級品も当然適応しなければならない」と指摘した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事