NY原油、83ドル台後半 7年ぶり高値圏で推移
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク原油先物相場は反発し、指標の米国産標準油種(WTI)12月渡しが前日比1・26ドル高の1バレル=83・76ドルで取引を終えた。20日には2014年10月以来約7年ぶりの高水準となったが、この日も高値圏で推移した。

 新型コロナウイルス対策の規制緩和でエネルギー需要の回復が見込まれる一方、主要産油国の増産ペースは緩やかなことから需給逼迫が警戒され、買いが優勢となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事