企業景況感は小幅悪化か 6月短観の民間予想
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 共同通信社が26日にまとめた民間シンクタンク13社のアンケートによると、日銀が7月2日に発表する6月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の景況感が小幅ながら2期連続で悪化しそうだ。

 大企業製造業の業況判断指数(DI)は予想平均がプラス22で、3月の前回短観から2ポイント低下する見通しとなった。

 野村証券金融経済研究所は「米中の貿易戦争や中国の景気減速への懸念などが、輸出企業の心理を悪化させた可能性がある」とみている。

 大企業非製造業DIの予想平均は横ばいのプラス23。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事