5月の米物価2・3%上昇 6年2カ月ぶり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】米商務省が29日発表した5月の個人所得・消費統計(季節調整済み)によると、個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比2・3%の上昇で、前月から0・3ポイント伸びが拡大した。上昇率は2012年3月(2・4%)以来、6年2カ月ぶりの大きさ。

 原油価格上昇を背景に、エネルギー価格が上がったのが一因。PCE物価指数の上昇率は米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)が目標とする2%を大きく上回り、利上げ加速観測が強まる可能性がある。前月比では0・2ポイント上昇した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事