日銀、6月企業物価見通し上昇 目標2%との差大きいまま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日銀が3日発表した6月の企業の物価見通し調査は、全規模全産業の1年後の消費者物価予測が、平均で前年比0・9%上昇となり、前回の3月調査から0・1ポイント上がった。3年後と5年後はともに、前回と同じ1・1%上昇だった。

 2日に発表した6月の企業短期経済観測調査(短観)で、大企業製造業の景況感は5年半ぶりに2四半期連続で悪化した。物価予測の上昇幅は小さく、日銀が掲げる2%の物価上昇目標との差は大きいままだ。

 大企業の1年後の予測は、製造業、非製造業ともに前回から横ばいの0・6%上昇だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事