粗鋼生産2・3%増見通し 輸入制限、顕著な影響なし
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省は9日、7~9月期の粗鋼生産量が前年同期比2・3%増の2654万トンになるとの見通しを発表した。前年実績を上回るのは4四半期連続。国内需要が堅調なためで、米国の鉄鋼輸入制限に伴う顕著な影響はないと分析した。

 ただ、欧州連合(EU)などが安価な鉄鋼製品の流入を防ぐために緊急輸入制限(セーフガード)を検討している。経産省は「発動された場合、影響を否定できない」と強調し、各国の動向を注視する意向を示した。

 自動車、電機メーカーなどを対象にした調査によると、7~9月期の鋼材需要は0・7%増の2375万トンだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事