NY株、一時140ドル超安 貿易摩擦への懸念再燃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は貿易摩擦への懸念が再燃して一時、前日からの下げ幅が140ドルを超えた。午前10時現在は前日比136・04ドル安の2万5063・25ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は15・19ポイント安の7839・25。

 トランプ米政権が検討している自動車の輸入制限が実施された場合、欧州連合(EU)が対抗措置を取る方針だと伝わり、投資家がリスクを避ける姿勢を強めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事