フォード、自動運転に4千億円 実用化に向け、新会社設立
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】米自動車大手フォード・モーターは24日、自動運転車の実用化に向け、2023年までに総額40億ドル(約4400億円)を投じると発表した。自動車メーカーやIT企業との開発競争が激化する中、自動運転に関する部門を集約した新会社も設立して開発を急ぐ。

 新会社は「フォード・オートノマス・ビークルズ」で、フォードが出資する米自動運転ベンチャー「アルゴAI」とも連携する。新会社は外部企業からの出資も想定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事