米、EU車に輸入制限適用せず 工業品の関税撤廃協議
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見するトランプ米大統領(右)と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長=25日、ワシントン(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は25日、ホワイトハウスで会談し、自動車分野を除く工業製品の関税撤廃を協議することで合意した。協議中は米国が外国製の車に高関税を課す輸入制限を発動しても、EUには適用しないことでも一致した。トランプ氏が要求していた車の関税撤廃では折り合えなかったが、米とEUの貿易摩擦が沈静化に向かう可能性が出てきた。

 日本政府は米EUの協議の行方を注視し、近く初会合を開く米国との閣僚級貿易協議の参考にする方針。米国が車の輸入制限を発動した場合、日本製の車も対象外となるための戦略に役立てるとみられる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事