7月の東京の物価0・8%上昇 伸び率拡大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京都内のガソリンスタンドの価格表示=19日午後

 総務省が27日発表した7月の東京都区部の消費者物価指数(中旬速報値、生鮮食品を除く)は、前年同月比0・8%上昇の100・5だった。伸び率は6月の0・7%から拡大し、2カ月連続で前月を上回った。プラスは13カ月連続。

 家賃が、調査対象の見直しを背景に前年同月比0・3%上昇したほか、業務用ビールの値上げなどで生鮮食品を除く食料が0・8%上がり、全体の伸び率を拡大させた。

 原油価格の上昇により、ガソリンや灯油といったエネルギー関連品目も値上がりした。

 家庭用耐久財は1・6%下落し、テレビなどの教養娯楽用耐久財は1・7%下がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事