九電がAIスピーカー開発 防犯機能、節電の助言も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 九州電力が開発し、販売とサービスを開始したAIスピーカー「QUUN」

 九州電力が、ニュースなどを読み上げるほか、防犯サービスや節電のアドバイスといった機能を備えた人工知能(AI)搭載のスピーカー「QUUN」を開発し、30日販売を始めた。新規事業を強化する一環だが、電力小売り全面自由化など本業の電力事業での競争が激しくなる中、生活に密着したサービスを提供し、顧客との接点を増やす狙いもある。

 利用者は人気声優など7種類から好みの声を設定でき、スピーカーに話し掛けると合成音声で受け答えするほか、天気予報や占いなどを読み上げる。設定時間に声掛けするアラーム機能もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事