日航、LCC準備会社設立 アジアなど中長距離国際線
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空は31日、中長距離国際線の格安航空会社(LCC)の準備会社を設立したと発表した。成田空港を拠点にアジアや欧米などを結ぶ。2020年の就航を目指し、準備を本格化する。

 準備会社の社名は「ティー・ビー・エル」。就航前に正式な社名を発表する。本社は千葉県成田市に置き、日航が100%出資する。今後、サービスなどで協業する他社から出資を募る可能性があるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事