米、対中制裁関税を倍増か 22兆円分、10%を25%に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン、北京共同】トランプ米政権が、中国の知的財産権侵害を理由に年間2千億ドル(約22兆円)相当の中国からの輸入品に対して検討中の追加関税について、当初の10%から25%へ引き上げる可能性があることが分かった。ロイター通信が7月31日に報じた。8月1日にも発表する可能性があるという。

 米国はこれまでに500億ドル相当の輸入品に25%の追加関税を課すことを決めており、うち340億ドル分を既に発動した。中国が一段と反発を強めるのは必至だ。

 一方でブルームバーグ通信は7月31日、米国と中国が貿易摩擦の回避に向けた協議の再開を模索していると報道した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事