米音響機器ソノス上場 時価総額2千億円
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】米音響機器メーカーのソノスが2日、米ナスダック市場に新規上場した。終値は19・91ドル(約2200円)と公開価格の15ドルを上回り、好調な滑り出しとなった。米メディアなどによると、終値ベースの時価総額は19億ドル(約2千億円)程度。

 ソノスは2002年設立。スポティファイやアップルミュージックといった音楽ストリーミングサービスを利用できるスピーカーを手掛ける。米アマゾン・コムの音声の人工知能(AI)「アレクサ」に対応したスピーカーも発売。AIスピーカー市場には米アップルも参入し、競争が激化している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事