NY株、反落 米中の貿易摩擦を懸念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】8日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米中の貿易摩擦に対する懸念から反落し、午前10時現在は前日比36・68ドル安の2万5592・23ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は12・57ポイント安の7871・09。

 米中両国がそれぞれ、お互いの製品に制裁関税を課す措置を23日に発動すると発表。貿易摩擦が長期化するとの警戒感が強まり、売り注文が優勢となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事