NY株、小幅反発 IT株が上げ主導

 【ニューヨーク共同】週明け13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均はIT関連株の上昇で小幅に反発し、午前10時現在は前週末比46・95ドル高の2万5360・09ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は19・86ポイント高の7858・97。

 業績が好調なアップルなどの株が買われ、相場全体を押し上げた。ただ、トルコ通貨リラの下落に対する警戒感も根強く、相場の重しとなった。

関連記事
全国ニュース > 経済の記事