米家計債務1470兆円 過去最大、住宅ローン増
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】米ニューヨーク連邦準備銀行が14日発表した6月末の米家計債務残高は13兆2900億ドル(約1470兆円)となった。3カ月前から820億ドル増え、過去最大を更新した。16・四半期連続の増加。

 好調な景気を背景に、住宅ローンや自動車ローンが伸びた。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げにより、米国の金利は上昇傾向にあり、家計の債務返済負担が増す恐れもある。

 個別では家計債務の大半を占める住宅ローン残高が600億ドル増の9兆ドル。自動車ローンは90億ドル増の1兆2400億ドル。一方、学生ローンは20億ドル減の1兆4100億ドルだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事