NY株、一時300ドル超高 米中協議再開を好感
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】16日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅反発し、前日からの上げ幅が一時、300ドルを超えた。中国が米国との貿易協議を再開すると発表したことが好感され、貿易摩擦の懸念が和らいだ。

 午前10時現在は前日比319・06ドル高の2万5481・47ドル。ハイテク株主体のナスダック総合指数は45・86ポイント高の7819・98。

 小売り大手ウォルマートが同日発表した決算が市場予想を上回ったことを受け、同社株が一時10%超上昇し、相場をけん引した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事