トヨタ、レースのスポンサー撤退 グランプリ・オブ・ロングビーチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 佐藤琢磨が日本人初優勝を果たした2013年4月のインディカー・シリーズ第3戦=米カリフォルニア州ロングビーチ(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】トヨタ自動車が、米カリフォルニア州ロングビーチで行われる自動車レース「グランプリ・オブ・ロングビーチ」のスポンサーから撤退することが17日、分かった。契約は1975年から44年間にわたり、80年以降は冠スポンサーを務めていた。

 トヨタの広報担当者は「各種検討の結果で、経済的な問題だけではない」と説明。来年以降の冠スポンサーは未定。このレースは市街地コースで行われ、2013年に元F1ドライバーの佐藤琢磨氏が、インディカー・シリーズで日本人ドライバー初優勝を果たした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事